2011/12/19

新宿ピットイン

茂木欣一ショーで勢いが付いてしまい、新宿ピットインにも行ってしまった。"北欧ジャズ現在進行形"というイベントで、文字通り北欧のフィンランドとノルウェーから来日のジャズメンですよジャズメン。新宿ピットインは名前こそ知ってましたが初めて行ったです。なんだよもっと早くから行けばよかったってな位居心地がよいところでした。座席と小さい手作りっぽい木製テーブルがあるのが驚きで、今回のやつは内容的にスタンディングでもいいんじゃないかって感じでしたが。3時間30分くらい演ってたから実際立ちだったら疲れるけどね。
"ジャズ"というとなんかこう枠にはめられてしまうイメージが拭えないと思うんですが(自分としてはそういう認識無い方だと思ってますが、レコード屋ではそれを意識せざるを得ない)、メタモルフォーゼとかジャズを特に標榜してないフェス系で演ってても全然受ける内容ですよこれは。これ座って聴いてて良いのかよ〜と思ったよ特に最後のSteinar Raknes Quartet。これはめちゃくちゃ良かった。ノルウェーのイメージは薄めで黒人系のノリが絶妙。Joni Mitchellのカバーもやったよ嬉しいね。CD買えばよかった失敗した。ネットショップだとどうも殆ど無さげ。
ちなみにどーでもいいけどSteinar Raknes QuartetはノートPCを床に置き、RMEのFIREFACEかMultiFaceが繋がってた。録音してたっぽい。そのまま配信したら買う。

あとここは酒が旨い。これが普通なんだろうけど。ビールの選択肢に"その他の雑酒1"とかがあるところばかりになりがちなので今後はピットインになるべく行こうと思う。


0 件のコメント:

コメントを投稿